MENU

七五三の由来|男の子、女の子の年齢はいつ?その理由を解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

七五三は、多くの日本家庭で大切に祝われる子供の成長を祝う伝統的な行事ですが、男の子と女の子で祝う年齢が異なることをご存知でしょうか?この違いには、歴史的背景や文化的な理由が深く結びついています。本記事では、この男女の年齢の違いを明らかにし、その背後にある興味深い理由や伝統を詳しく解説しています。

七五三の祝いをより深く理解し、一層意味のあるものにするためのガイドとして、ぜひご一読ください。

目次

男女によって祝う年齢が違う理由 

七五三の儀式は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳で行われることが一般的です。

男の子が7歳で七五三を行う儀式は一般的ではありません。

これは、5歳の時に「袴着(はかまぎ)」という儀式が行われ、男の子が袴を初めて着ることを祝うからです。

一方、女の子が5歳で七五三を行うこともありますが、これも一般的ではありません。

なぜなら、5歳の七五三は「袴着の儀」という、男の子が袴を初めて着用する儀式が元になっているからです。

しかし、家庭の事情により、女の子でも5歳で七五三祝いをする場合もあります。

それぞれの家庭で独自の形で祝うことも可能です。

大切なのは、お子さんの成長をお祝いする気持ちです。

どんな形であれ、お子さんの健やかな成長を祝うことが最も重要です。

髪置きの儀      

日本古来の行事として知られる七五三は、子供たちの成長を顕彰するためのもので、特に「髪置きの儀」が注目されます。

この特別な儀式は3歳の子供に捧げられるもので、子供が乳児の時期を無事に終え、一段と成長を遂げたことを祝福する意味が込められています。

かつて、平安時代には、男女を問わず3歳までの子供たちは髪を短く保つ習慣があったのです。

そして、3歳を迎えたことで「もはや赤子ではない」と認識され、これまで短くしていた髪を伸ばす伝統が生まれました。

そうして始まるのが「髪置きの儀」なのです。

平安時代の子供たちは、特に男子が中心となって、3歳まで髪を剃り続けていました。

この髪を剃る習慣は、子供が無事に成長することを願う宗教的な背景や、当時の幼児の高い死亡率を背景に、災厄を避けるための風習とも考えられています。

3歳になると、髪置きの儀式を行い、髪を伸ばし始めることが許されました。

この儀式は、子供が幼児期を無事に過ぎ、さらなる成長を願って行われたものです。

生まれたばかりの赤ちゃんの髪を剃る風習についてですが、平安時代の具体的な文献や記録には明確には述べられていないことも多いですが、髪を剃ることが健康や長寿を願う宗教的な儀式として行われていたことは知られています。

実際に生まれてすぐに髪の毛を剃る風習があったかどうかは、地域や家ごとの習慣、さらには時代背景などによって異なる可能性も考えられます。

この神聖な儀式は、子供の更なる成長と健康を祈念するもので、髪を伸ばすことで長寿を願う意味も持っています。

そのため、「髪置きの儀」はただの風習としてではなく、髪が白くなるまで長生きできるようにという願いも込められています。

子供たちの健やかな未来と長寿を願う心からの祝いとして行われているのです。

この「髪置きの儀」を通して、七五三は日本の伝統として、世代から世代へと引き継がれ、今日まで続いているのです。

袴着(はかまぎ)の儀     

「袴着(はかまぎ)の儀」という言葉を聞いたことがありますか?

これは、七五三で5歳の男の子が体験する特別な儀式の原点です。

平安時代には、男女ともにこの儀式を行い、子供が幼年期を終え、さらなる成長の証として祝福していました。

しかし、具体的に5歳の女の子が自分で袴を着ることができたかどうかについては、資料からは明確には分かりません。

また、「着袴の儀」は現代の皇室でも行われており、男女問わず5歳になった時に行われます。

ところが、江戸時代が訪れると、特に武家の男の子の成長を祝う行事として、この儀式が一段と重要視されるようになりました。

この「袴着」の中で、非常に興味深い風習がいくつか存在します。

例として、碁盤の上での着付け、四方の神への礼拝、さらには碁盤からの勇敢な飛び降りが挙げられます。

これらはすべて、将来的に四方の敵を打ち負かす力を身につけることを願う意味が込められています。

その装いについて詳しく触れると、基本となるのは紋入りの羽織袴です。

その羽織には、武者や鷹、兜などの力強い絵柄が施され、袴には伝統的な縞模様や仙台平が採用されます。

そして、その完成形として懐剣や扇子を手元に持ち、白い足袋と草履(雪駄)を身に纏うことで、子供たちの一人前の姿が現れるのです。

最終的に、この一連の装いと儀式を通じて、5歳の男の子たちは七五三を迎えます。

そして、こうした風習は、子供たちの健やかな成長と幸福を祈る、日本の伝統的な行事の核として受け継がれているのです。

帯解き(おびとき)の儀     

「帯解き(おびとき)の儀」は、七五三の7歳の儀式で、女の子が初めて大人と同じスタイルの着物を着ることを意味する重要な行事となっています。

過去には、7歳未満の女の子たちは独特なスタイルの着物を纏っており、胴の部分に縫い付けられた紐で締める形式を採用していました。

しかし、7歳という特別な年齢に達すると、変革が訪れます。

女の子は、成熟した着物のスタイルである「本仕立ての着物」に、大人と同じ「丸帯」を併せて纏うようになります。

これは、その子が大人の社会に一歩足を踏み入れ、一人前として認知されることを意味しています。

「帯解き」の儀式は、女の子が独力で帯を結ぶことができるようになったことを祝うもので、成熟と自立のシンボルとして位置付けられています。

この行事は、女の子の成人への道のりとその過程を祝福するものであり、その重要性は計り知れません。

この伝統的な儀式「帯解き」は、七五三の中でも特に女の子の健やかな成長を祈るものとして、長きにわたり受け継がれてきました。

それまでの子供の和服には、ウエストのサイズ調整のための紐が付いておりました。しかし、この特別な儀式を迎えることで、彼女たちは大人の女性と同じ方法で帯を締めることが許されます。

この儀式が執り行われることにより、女の子は社会の中で大人と同じように見られるようになるのです。これは、彼女たちの成長を讃え、新しいステージへの入口として位置づけられる大切な瞬間です。

ただし、7歳になった彼女たちが本当に一人で帯をしっかりと結ぶことができたのか、史料からは詳しくは伝わってきません。とはいえ、間違いなく「帯解きの儀」は、女の子の成長の節目としての価値を持つ重要な行事でありました。

七五三の祝い方|男女で異なる年齢のまとめ    

七五三は、子供たちの成長と健康を祝う日本の伝統的な祝い事であり、男女で異なる年齢で行われます。

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳で祝います。

3歳の時には、男女ともに髪を伸ばし始め、「髪置きの儀」が行われます。

この儀式では、子供たちは初めて髪を伸ばすことを許され、それまでの坊主頭から一歩進んだステップへと進みます。

5歳の男の子は「袴着の儀」で初めて袴を着用します。

この儀式は、男の子が幼児から児童へと成長したことを祝うものであり、大切な節目とされています。

袴は成人男性が着用する衣装であり、この儀式を通じて男の子は一歩大人に近づくことを示します。

一方、7歳の女の子は「帯解きの儀」で初めて自分で帯を締めます。

これまで女の子たちは和服についている紐を結んでウエストを調節していましたが、この儀式以降は大人と同じように帯を締めるようになります。

これは彼女たちが大きく成長したことを祝う重要なイベントであったことが確認されています。

これらの儀式は、子供たちが一つの成長段階を終え、新たな段階に入ることを象徴しています。

七五三は、親が子供たちの成長を喜び、これからも健やかに育つことを願う大切な日です。

この伝統的な祝い事は、日本文化の美しさと深さを象徴しており、今後も引き続き大切にされることでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次